葉月笙子がお送りするきもの講座

日本人がきものを「常着」として着なくなっています...

私達の祖先が、着物を通して育て、培い、伝えてきた知恵や知識、工夫が忘れられてきものが特別なものになりつつあります。

くり返し染め替え、仕立て直して一枚の布を最後まで愛しむこと。そして、四季折々のきものと帯の取り合わせの楽しみかた。 春の訪れを喜びの染色に、帯模様に託し、夏さ中着姿に涼感を漂わせる。実りの秋から、冬の訪れ、この季節こその袷に帯かさねのコートの組み合わせ。 四季それぞれで暑い寒いをどう「きもの」で過ごすのか・・・

きもの暮らしの楽しく豊かな知恵でもありそうです。

このホームページについて

このホームページはきものの販売ページではなくきものの愉しさを語り私のブランドを通してきもの提案をしたいと思います。 移り行く季節に半襟を替え襦袢・下着・・・と変わってゆくきもの暮らしー工夫と手仕事の愉しさを感じています。

祖母から母へ、そして私へとつなげてきた、きもの暮らしの知恵を若い方々にも知って頂きたい。このページがそんな想いを つなげられたら・・・と、いくつかの提案を写真、エッセイで表現しました。

お気づきの事があればどうぞお問い合わせ、ご質問などお気軽にドアをたたいてくださいませ。

 

最新の「あづ便り」

葉月笙子の近況をお知らせいたします。

 
 

講座のご案内

東京・京都を中心にきもの講座を開催しております。お気軽に見学にお越しください。